JavaScriptが有効でないと正常に動作いたしません。

バイオウェブ トップ  >  掲示板 一覧  >  詳細

掲示板 詳細
分類別に記事を見ることができます。


投稿者
2021/02/03

文部科学省科学研究費新学術領域「先進ゲノム支援」
ゲノム科学と社会ユニット (GSユニット)事務局
https://www.genomics-society.jp/news/event/post-20210301.php/
workshop@eth.med.osaka-u.ac.jp
タイトル 【開催案内】2020年度第5回ヒトゲノム研究倫理を考える会-指針改正と様々な同意のあり方を考える-@オンラインシンポジウム(3/1(月)15:00-18:00)
本文 この度、「2020年度第5回ヒトゲノム研究倫理を考える会」
を3月1日(月)に開催させて頂く事になりましたのでご案内
させて頂きます。

【開催案内】
======================================================
2020年度第5回「ヒトゲノム研究倫理を考える会」
- 指針改正と様々な同意のあり方を考える -

◆概要
「同意」とは何か、今年度は様々な同意を取り上げ考えてきました。
第5回の今回は、様々な年代における同意のあり方や、同意の意義を
改めて考えるヒトゲノム研究倫理を考える会を開催いたします。
また、一昨年度より継続して取り上げてきたヒトゲノム研究に関する
指針改正状況(新統合指針)についてもご紹介いただきます。
全国どこからでも参加できるオンラインシンポジウム形式で
開催しますので、是非ご参加下さい。

◆日時:2021年3月1(月) 15:00-18:00
◆開催形式:オンラインシンポジウム
  # 事前に参加登録を頂いた方に当日参加用URLをお知らせします。
  # ブラウザから誰でも参加できるシステムを使用します。
  # パソコン・スマホで全国どこからでもご参加頂けます。

◆プログラム:
15:00-15:05 「開会の挨拶」
  加藤 和人(大阪大学大学院医学系研究科)
15:05-15:50 講演(1)
 「人を対象とする生命科学・医学系研究に関する倫理指針について」
  安藤 博(文部科学省研究振興局ライフサイエンス課
生命倫理・安全対策室)
15:50-16:35 講演(2)
 「何のための『同意』取得なのか? 
  〜ICの意義と限界をパターナリズムの観点から考えてみる〜」
  瀬戸山 晃一(京都府立医科大学大学院医学研究科)
---休憩(10分)---
16:45-17:30 講演(3)技術動向紹介
「NBDCヒトデータベースにおけるヒト試料由来データの共有
(概要とアップデート) 」
  箕輪 真理(JSTバイオサイエンスデータベースセンター、
  ROIS-DSライフサイエンス統合データベースセンター)
17:30-18:00 総合討論

◆対象:大学・研究機関の倫理審査関係者、研究者など
◆参加費:無料
◆参加登録:
下記ページのフォームから参加登録をお願いします。
https://www.genomics-society.jp/news/event/post-20210301.php/
[事前参加登録:2月25日(木)12:00まで]

◆主催:文部科学省科学研究費新学術領域「先進ゲノム支援」
    ゲノム科学と社会ユニット (GSユニット)
◆問合せ:大阪大学大学院医学系研究科医の倫理と公共政策学
 email: workshop@eth.med.osaka-u.ac.jp
======================================================

宜しくお願い申し上げます。

GSユニット事務局
山崎

↑の記事を削除する。password: