JavaScriptが有効でないと正常に動作いたしません。

バイオウェブ トップ  >  メール情報 一覧  >  詳細

メール情報 詳細

配信元 2021/06/22

大阪大学
タイトル 2021年度第1回「ヒトゲノム研究倫理を考える会」
本文 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    2021年度第1回「ヒトゲノム研究倫理を考える会」
  - AI・ビッグデータを用いたヒトゲノム研究の倫理を考える -
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆日時:2021年7月5日(月) 15:00-17:00

◆開催形式:ウェビナー(オンラインセミナー)

# 事前に参加登録を頂いた方に当日参加用URLをお知らせします。
# ブラウザから参加できるシステム(ユーザ登録不要)を使用します。
# パソコン・スマホで全国どこからでもご参加頂けます。

◆概要
近年急速にヒトゲノム・臨床情報を含めたデータの蓄積が進み、ビッ
グデータと呼ばれるまでになっています。また、人工知能(AI)が研
究や医療で用いられるケースも増大しています。
一方、このような技術・手法の発展と、その研究・医療への応用にお
いて新たな倫理的課題も指摘されています。
そこで今回、「AI・ビッグデータを用いたヒトゲノム研究の倫理」を
テーマに、ヒトゲノム研究倫理を考える会を開催いたします。
全国どこからでも参加できるウェビナー形式で開催しますので、是非
ご参加下さい。

◆プログラム:
15:00-15:05 「開会の挨拶」
   加藤 和人 (大阪大学大学院医学系研究科)

15:05-15:35 講演(1):講演30分
  「AI・ビッグデータを用いたライフサイエンス・ゲノム研究の
                         現状と課題」
   中津井 雅彦
    (山口大学大学院医学系研究科・
     医学部附属病院AIシステム医学・医療研究教育センター)

15:35-16:05 講演(2):講演30分
  「人工知能・機械学習による大規模ゲノムコホート・
                      バイオバンク解析」
   田宮 元
    (東北大学大学院医学系研究科、
            理化学研究所革新知能統合研究センター)

16:05-17:00 質疑応答・総合討論
  指定発言
   小門 穂
    (神戸薬科大学社会科学研究室)

◆対象:大学・研究機関の倫理審査関係者、研究者など

◆参加費:無料

◆詳細・申込:
下記ページのフォームから参加登録をお願いします。
https://www.genomics-society.jp/news/event/post-20210705.php/
[事前参加登録:7月2日(金)12:00まで]

◆主催:
文部科学省科学研究費新学術領域「先進ゲノム支援」
ゲノム科学と社会ユニット (GSユニット)

◆問合せ:
大阪大学大学院医学系研究科医の倫理と公共政策学
email: workshop@eth.med.osaka-u.ac.jp