JavaScriptが有効でないと正常に動作いたしません。

バイオウェブ トップ  >  メール情報 一覧  >  詳細

メール情報 詳細

配信元 2020/12/16

大阪大学
タイトル 2020年度第4回「ヒトゲノム研究倫理を考える会」
本文 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
            【参加者募集】
    2020年度第4回「ヒトゲノム研究倫理を考える会」
     - パンデミック・ゲノム研究の倫理を考える -
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

───────────────────────────────
◆概要
───────────────────────────────
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は、2020年3月11日、世界保健機
関(WHO)によりパンデミック(世界的な大流行)と宣言され、その世
界的な感染拡大はいまだ収束していません。

その予防・治療に関する研究は社会全体の喫緊の課題ですが、一方で、
被験者保護との両立等、新たな倫理的課題等が指摘されています。

今回の考える会では「パンデミック・ゲノム研究の倫理」をテーマにと
りあげ、COVID-19に関するゲノム研究での倫理的課題等について考える、
ヒトゲノム研究倫理を考える会を開催いたします。全国どこからでも参
加できるウェビナー形式で開催しますので、是非ご参加下さい。

◆日時:2020年12月24日(木)13:00-15:00

◆開催形式:ウェビナー(オンラインセミナー)
  # 事前に参加登録を頂いた方に当日参加用URLをお知らせします。
  # ブラウザから誰でも参加できるシステム(ユーザ登録不要)を使用します。
  # パソコン・スマホで全国どこからでもご参加頂けます。

───────────────────────────────
◆プログラム
───────────────────────────────
13:00-13:05 「開会の挨拶」
  加藤 和人(大阪大学大学院医学系研究科)

13:05-13:35
 「世界各地の新型コロナウイルスゲノム配列データから
                      分かってきたこと」
  中川 草(東海大学医学部)

13:35-14:05
 「ウイルスゲノム解析を用いた疫学研究の倫理とガバナンス」
  児玉 聡(京都大学大学院文学研究科)

14:05-14:15 指定発言
  武藤 香織 (東京大学医科学研究所)

14:15-15:00 質疑応答・総合討論
───────────────────────────────

◆対象:大学・研究機関の倫理審査関係者、研究者など

◆参加費:無料

◆参加登録:
下記ページのフォームから参加登録をお願いします。
URL: https://www.genomics-society.jp/news/event/post-20201224.php/
[事前参加登録:12月23日(水)12:00まで]

◆主催:文部科学省科学研究費新学術領域「先進ゲノム支援」
    ゲノム科学と社会ユニット (GSユニット)

◆共催:日本生命倫理学会

◆問合せ:大阪大学大学院医学系研究科医の倫理と公共政策学
email: workshop@eth.med.osaka-u.ac.jp