JavaScriptが有効でないと正常に動作いたしません。

バイオウェブ トップ  >  メール情報 一覧  >  詳細

メール情報 詳細

配信元 2020/07/20

大阪大学
タイトル 2020年度第2回「ヒトゲノム研究倫理を考える会」
本文 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     2020年度第2回「ヒトゲノム研究倫理を考える会」
        - 二次利用における同意を考える -
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆日時:2020年8月25日(火) 15:00-17:00

◆開催形式:ウェビナー

# 事前に参加登録を頂いた方に当日参加用URLをお知らせします。
# ブラウザから誰でも参加できるシステム(ユーザ登録不要)を使用
# します。
# パソコン・スマホで全国どこからでもご参加頂けます。

◆概要:
「同意」とは何か、今年度は様々な同意をとりあげ考えていきます。
第2回の今回は、近年のゲノム研究の長期化や産学連携研究の発展な
どで新たに課題となっている「二次利用における同意」をテーマにと
りあげ、商用利用などを含む試料・情報の二次利用における同意や、
Personal Health Record等の医療情報の活用について考えるヒトゲノ
ム研究倫理を考える会を開催いたします。
全国どこからでも参加できるウェビナー形式で開催しますので、是非
ご参加下さい。

───────────────────────────────
◆プログラム
───────────────────────────────
15:00-15:05 開会の挨拶
  加藤 和人(大阪大学大学院医学系研究科)

15:05-15:25
  「試料・情報の二次利用における同意と課題」
   横野 恵(早稲田大学社会科学部)

15:25-15:50
  「Personal Health Recordへのデータ蓄積と
                   データ二次利用の可能性」
   武田 理宏(大阪大学大学院医学系研究科)

15:50-16:00 指定発言
  山本 奈津子(大阪大学データビリティフロンティア機構)

16:00-17:00 質疑応答・総合討論
───────────────────────────────

◆対象:大学・研究機関の倫理審査関係者、研究者など

◆参加費:無料

◆詳細・申込:
下記ページのフォームから参加登録をお願いします。
https://www.genomics-society.jp/news/event/post-20200825.php/
[事前参加登録:8月21日(金)17:00まで]

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◆ご協力のお願い:事務局対応について
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
新型コロナウイルス感染予防対策のため、現在事務局はテレワーク中
心で業務しております。
事務局へのお問い合わせなどは
Email(workshop@eth.med.osaka-u.ac.jp)宛てにて承ります。

お電話でのお問い合わせに対応することは難しくなりますので、何卒
ご理解、ご協力のほど、お願い申し上げます。
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

◆主催:
文部科学省科学研究費新学術領域「先進ゲノム支援」
ゲノム科学と社会ユニット (GSユニット)

◆問合せ:
大阪大学大学院医学系研究科医の倫理と公共政策学
email: workshop@eth.med.osaka-u.ac.jp