JavaScriptが有効でないと正常に動作いたしません。

バイオウェブ トップ  >  メール情報 一覧  >  詳細

メール情報 詳細

配信元 2014/03/14

理化学研究所・CDB ゲノム資源解析ユニット
タイトル 生殖細胞系列の突然変異に関する 国際シンポジウム開催のご案内
本文 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
            国際シンポジウム
    "Germline Mutagenesis and Biodiversification"
   http://www.bioweb.ne.jp/navi.php?id=riken_20140314-1
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

生殖系列で発生するde novo突然変異は、原発性の遺伝子疾患はもとよ
り生物における遺伝的多様性の源泉となると考えられています。

近年、高い突然変異率をもつモデル動物の系統が確立され、超並列DNA
シーケンサーなどハイスループットな解析が可能になったことにより、
de novo突然変異を統合的に理解するアプローチが整いつつあります。

そこで、生殖系列のde novo突然変異に関する研究の現状をまとめると
ともに、国内外に連携した研究のシーズを作るべく、国際シンポジウ
ム“Germline Mutagenesis and Biodiversification”を開催いたしま
す。

本シンポジウムでは、国内外から多様なバックグラウンドをもつ10名
の講演者をお招きし、発生機序から個体への影響、さらに生物多様性
の創出に至るまで生殖系列における変異に関する様々なトピックから
研究の展開を議論したいと考えております。

なお本シンポジウムは、日本遺伝学会ならびに国内における生殖系列
変異の主要拠点の一つである九州大学の生体防御医学研究所(ヌクレ
オチドプール研究センター)の共催にて行います。

ご興味ございます方はぜひご参加くださいますようご検討お願い申し
上げます。


───────────────────────────────
■開催日程
───────────────────────────────
2014年3月21日(金)-22日(土)

───────────────────────────────
■会場
───────────────────────────────
九州大学(病院キャンパス) 総合研究棟1階 セミナー室105
〒812-8582 福岡市東区馬出3-1-1

(アクセス)
http://www.bioweb.ne.jp/navi.php?id=riken_20140314-2
(キャンパスマップ)
http://www.bioweb.ne.jp/navi.php?id=riken_20140314-3

───────────────────────────────
■参加申し込み
───────────────────────────────
事前申し込み不要

───────────────────────────────
■参加費
───────────────────────────────
無料

───────────────────────────────
■講演者 (アルファベット順)
───────────────────────────────
Mitsuru Furusawa, Neo-Morgan Laboratory Inc.
Xiang Gao, Nanjing University, China
Yoichi Gondo, RIKEN BRC
Yuichiro Hara, RIKEN CDB
Yusaku Nakabeppu, Kyushu University
Ohtsura Niwa, Kyoto University
Takehiko Nohmi, National Institute of Health Sciences
Yoko Satta, Graduate University for Advanced Studies
Je Kyung Seong, Seoul National University, Korea
Arikuni Uchimura, Osaka University

───────────────────────────────
■問い合わせ先
───────────────────────────────
国際シンポジウム "Germline Mutagenesis and Biodiversification"
オーガナイザー
内村 有邦 (大阪大学)
原 雄一郎 (理研CDB)
mutagenesis@bioreg.kyushu-u.ac.jp

───────────────────────────────