JavaScriptが有効でないと正常に動作いたしません。

バイオウェブ トップ  >  掲示板 一覧  >  詳細

掲示板 詳細
分類別に記事を見ることができます。


投稿者
2019/09/17

文部科学省科学研究費新学術領域「先進ゲノム支援」
ゲノム科学と社会ユニット (GSユニット)事務局
https://www.genomics-society.jp/news/event/post-20191009.php/
workshop@eth.med.osaka-u.ac.jp
タイトル 【参加者募集】2019年度第3回「ヒトゲノム研究倫理を考える会」- 今、ゲノム指針改正について考える -
本文 2019年度第3回「ヒトゲノム研究倫理を考える会」
- 今、ゲノム指針改正について考える -
https://www.genomics-society.jp/news/event/post-20191009.php/

◆概要
2018年8月より、文科省・厚労省・経産省の合同委員会および
タスクフォースにおいて、ヒトゲノム・遺伝子解析研究に関
する倫理指針(ゲノム指針)、人を対象とする医学系研究に
関する倫理指針(医学系指針)の内容の見直しと指針間整合
に向けた検討が開始され、現在、2019年度中の改正指針公布
に向けた検討が行われています。考える会でも、昨年度より、
倫理審査やゲノム研究の現場の声を指針改正に反映することを
目標に、指針改正に向けたアンケート調査やワークショップを
開催し、検討を行なってきました。
そこで今回、改めて「今、ゲノム指針改正について考える」
をテーマにヒトゲノム研究倫理を考える会を開催いたします。
是非ご参加下さい。

◆日時:2019年10月9日(水)13:30-17:00
◆会場:毎日インテシオ(4F)大会議室
大阪市北区梅田3丁目4番5号
http://www.mai-b.co.jp/osaka/30_access.html

◆プログラム:
13:30-13:35 開会の挨拶
 小原 雄治(国立遺伝学研究所)
13:35-13:50 ゲノム指針改正に向けた提言報告
加藤 和人(大阪大学大学院医学系研究科)
13:50-14:20ゲノム指針改正の現状紹介およびバイオバンクの重要性
 徳永 勝士(国立国際医療研究センター)
14:40-15:10 研究における結果の返却
 長神 風二 (東北大学 東北メディカル・メガバンク機構)
15:10-15:40遺伝カウンセリングの現場から
 佐藤 友紀(大阪大学医学部附属病院遺伝子診療部)
16:00-17:00 質疑応答・総合討論

◆対象:大学・研究機関の倫理審査関係者、研究者など
◆参加費:無料
◆詳細・申込:
下記ページのフォームから参加登録をお願いします。
https://www.genomics-society.jp/news/event/post-20191009.php/
# 事前参加登録:10月8日(火)12:00まで

◆主催:文部科学省科学研究費新学術領域「先進ゲノム支援」
    ゲノム科学と社会ユニット (GSユニット)
◆問合せ:大阪大学大学院医学系研究科医の倫理と公共政策学
 Tel: 06-6879-3688 
 email: workshop@eth.med.osaka-u.ac.jp
======================================================

↑の記事を削除する。password: