JavaScriptが有効でないと正常に動作いたしません。

バイオウェブ トップ  >  掲示板 一覧  >  詳細

掲示板 詳細
分類別に記事を見ることができます。


投稿者
2017/05/14

アートエリアB1(ビーワン)
アートエリアB1事務局 三ヶ尻
http://artarea-b1.jp/
press@artarea-b1.jp
タイトル トークイベント「『超ひも理論』から捉える未知なる“私”と“彼方”」ゲスト:橋本幸士(物理学者、大阪大学大学院理学研究科 教授)
本文 トークイベント
------------------------------------------
ラボカフェfeatringサーチプロジェクト
「『超ひも理論』から捉える未知なる“私”と“彼方”」
------------------------------------------
日時:6月8日(木)19:00-21:00
ゲスト:橋本幸士(物理学者、大阪大学大学院理学研究科 教授)
カフェマスター:家成俊勝(dot architects)、木ノ下智恵子(大阪大学21世紀懐徳堂 准教授、アートエリアB1運営委員)
※参加費無料・定員約50名・先着順・入退場自由 
※ご予約は不要です。

会場:京阪電車なにわ橋駅アートエリアB1
大阪市北区中之島1-1-1京阪電車中之島線なにわ橋駅地下1階コンコース
(地下鉄「淀屋橋駅」「北浜駅」から徒歩約5分)
WEB:http://artarea-b1.jp/archive/2017/05241109.php

---------------------------------------------------------------------------------------------------------
人の体と宇宙の構造は似て非なるものとして捉えられることがあります。
それは、わたしたちの体や身の回りのあらゆる物質、そして宇宙の星々に至るまで、すべては素粒子で構成されているという事実があるからかもしれせん。現在、アートエリアB1で開催中の企画展「ニュー“コロニー/アイランド”〜わたしのかなたへ〜」では、“わたしたち自身”に着目し、会場には独自の形と役割を持つ体内細胞の構造と運動をメタファーに構成された“体内公園”が出現しています。
今回のラボカフェでは、素粒子は粒子ではなく“振動するひも状のものである”という仮定から物質世界の本質を解こうとする「超ひも理論」を用いて、様々な物理学の現象と数理構造を対象にした研究をされている、物理学者の橋本幸士さんをゲストにお迎えして、似て非なる“私”と“彼方”という未知なる世界について対話を深めます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

【お問い合わせ】
京阪電車なにわ橋駅「アートエリアB1」
〒530-0005 
大阪市北区中之島1-1-1京阪電車中之島線なにわ橋地下1階コンコース
tel&fax 06-6226-4006(12:00-19:00)※月曜休館
HP http://artarea-b1.jp/


↑の記事を削除する。password: