JavaScriptが有効でないと正常に動作いたしません。

バイオウェブ トップ  >  掲示板 一覧  >  詳細

掲示板 詳細
分類別に記事を見ることができます。


投稿者
2016/10/24

特定非営利活動法人DNA鑑定学会
事務局
http://www.dna-kanteigakkai.or.jp/
gakkai-jimu2@jsm.co.jp
タイトル 認定NPO法人DNA鑑定学会第9回大会のご案内
本文 認定NPO法人DNA鑑定学会第9回大会のご案内

◆日時
 平成28年11月10日(木)13:30-16:30   特別講演・一般講演
            ※11:00-12:00 通常総会(会員のみ)
     11月11日(金)10:00-16:45  ワークショップ
     (時間は多少前後する可能性がございます)

◆場所
 発明会館 地下2階ホール(東京都港区虎ノ門2-9-14)
 ○東京メトロ銀座線「虎ノ門」駅 3番出口より徒歩5分
 ○東京メトロ日比谷線「神谷町」駅 4番出口より徒歩6分
  http://hatsumeikaikan.com/

◆大会内容

 ■特別講演
  1.山本 卓 (広島大学大学院 理学研究科)
  「ゲノム編集技術の様々な分野での可能性」
  概略:ゲノム編集の技術開発の背景やこの技術の基本原理について
  説明し、様々な生物(微生物や動植物)や培養細胞で行われている
  遺伝子改変の研究例を紹介し、今後のこの分野での研究の可能性に
  ついて議論します。

 ■一般講演

 ■ワークショップ
 【ゲノム編集−最新技術と応用−】
  ・ゲノム編集の最新方法論(佐久間 哲史 広島大学大学院)
  ・PPRモチーフを利用したDNA/RNA操作技術の開発(中村 崇裕
   九州大学農学研究院)
  ・水産育種におけるゲノム編集技術の利用(木下 政人 京都大学)
  ・ゲノム編集技術を用いたイネの収量性向上と社会実装へのこころみ
   (小松 晃 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構)

 【最新次世代シーケンサーと周辺解析技術】
  ・基調講演
    使い捨て型USBシークエンサー・ナノポアが変えるオーミクス
    解析
    鈴木 譲(東京大学新領域創成科学研究科)
  ・Ion AmpliSeq™テクノロジーの育種学分野への応用
   (サーモフィッシャーサイエンティフィック ライフテクノロジーズ
   ジャパン株式会社)
  ・一分子リアルタイムシークエンサーのデータ解析のご紹介
   (トミーデジタルバイオロジー株式会社)
  ・イルミナが提供する最新のゲノム解析ソリューション
   (イルミナ株式会社)
  ・マイクロフリューディクス技術を用いたアンプリコンシーケンス
   (フリューダイム株式会社)
  ・自動核酸抽出装置によるDNA抽出
   (株式会社アナリティクイエナジャパン)

◆参加費
  無料 
  ※11月10日(木)、大会終了後に意見交換会も予定
   (実費3,000円/当日徴収)

◆事前参加登録
 当学会のホームページよりお申込み下さい。
 http://www.dna-kanteigakkai.or.jp/
 特定非営利活動法人DNA鑑定学会
 〒221-0056 神奈川県横浜市神奈川区金港町5-32 ベイフロント横浜
 電話&ファックス:045-441-9344
 E-mail:gakkai-jimu2@jsm.co.jp

↑の記事を削除する。password: