JavaScriptが有効でないと正常に動作いたしません。

バイオウェブ トップ  >  メール情報 一覧  >  詳細

メール情報 詳細

配信元 2020/01/09

大阪大学
タイトル 【参加者募集】2019年度第5回「ヒトゲノム研究倫理を考える会」
本文 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
            【参加者募集】
    2019年度第5回「ヒトゲノム研究倫理を考える会」
          - ゲノム解析が向かう先 -
https://www.genomics-society.jp/news/event/post-20200202.php/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
───────────────────────────────
◆概要
───────────────────────────────
ゲノム解析を用いた研究に関する状況は、ここ数年でまた大きく変化
を遂げつつあります。そこで今回は、「ゲノム解析が向かう先」をテー
マに、ヒトゲノム研究倫理を考える会を開催いたします。

注目されているトピックスについて国内外の最新の動向、またそれら
が進む先はどこにあるのか、皆さんと一緒に考える機会になれば幸い
です。是非ご参加ください。
───────────────────────────────

◆日時
2020年2月2日(日)13:30-17:00

◆会場
秋葉原UDX4F UDXギャラリーネクスト「ネクスト1」
東京都千代田区外神田4-14-1秋葉原UDX 4階
https://udx-akibaspace.jp/conference/

───────────────────────────────
◆プログラム:
───────────────────────────────
13:30-13:35 開会の挨拶
 加藤 和人(大阪大学大学院医学系研究科)

13:35-13:50 ゲノム指針改正の現状紹介
 山縣 然太朗(山梨大学大学院総合研究部)

13:50-14:20 ゲノム情報・診療情報のデータ共有と
            研究への利活用の国際的な動向
 荻島 創一(東北大学 東北メディカル・メガバンク機構)

14:40-15:10 遺伝統計学とヒトゲノム解析の最前線
 岡田 随象(大阪大学大学院医学系研究科)

15:10-15:40 遺伝医療・ゲノム医療の現場から―現状と課題
 渡邉 淳(金沢大学附属病院 遺伝診療部)

16:00-17:00 質疑応答・総合討論(パネルディスカッション)
───────────────────────────────

◆対象
大学・研究機関の倫理審査関係者、研究者など

◆定員
150名(参加費:無料)

◆詳細・申込
下記ページのフォームから参加登録をお願いします。
https://www.genomics-society.jp/news/event/post-20200202.php/
[事前参加登録:1月31日(金)12:00まで]

◆主催
文部科学省科学研究費新学術領域「先進ゲノム支援」
ゲノム科学と社会ユニット(GSユニット)

◆問合せ
大阪大学大学院医学系研究科医の倫理と公共政策学
Tel: 06-6879-3688
email: workshop@eth.med.osaka-u.ac.jp