JavaScriptが有効でないと正常に動作いたしません。

バイオウェブ トップ  >  メール情報 一覧  >  詳細

メール情報 詳細

配信元 2019/11/20

特定非営利活動法人DNA鑑定学会
タイトル 特定非営利活動法人DNA鑑定学会 第12回大会のご案内
本文 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    特定非営利活動法人DNA鑑定学会 第12回大会のご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆日時
 2019年11月26日(火)
  13:30-15:55 一般講演・特別講演
  ※11:00-12:00 通常総会(会員のみ)
 11月27日(水)
  10:00-12:10 ワークショップ・理事長講演
  時間は多少前後する可能性がございます。

◆場所
 横浜シンポジア 議場
 (神奈川県横浜市中区山下町2番地 産業貿易センタービル9F)
 ○みなとみらい線「日本大通り」駅 3番出口より徒歩5分
 ○JR京浜東北・根岸線「関内」駅 南口より徒歩15分(タクシー5分)
  URL: http://www.yokohama-cci.or.jp/symposia/access/

◆参加費
 無料
 ※11月26日(火)、大会終了後に意見交換会(実費3,000円/当日徴収)
  も予定

◆大会内容
 ■特別講演
 1.矢野 博(DNA鑑定学会 理事)
   「DNA品種識別技術の育成者権侵害係争利用の盲点と危険性
              −認定NPO法人 DNA鑑定学会の取組−」
   概略:育成者権侵害紛争において、法廷裁定でDNA品種識別技術
      がどのように扱われたか、今後、どのような対応が
      必要か等、侵害係争における利用の盲点と危険性について、
      DNA鑑定学会の取組を紹介致します。
 2.吉川 ひとみ(科学警察研究所 法科学第三部)
   「科学警察研究所における植物資料のDNAを用いた
                       鑑定の取り組み」
   概略:植物片は、様々な事件における証拠資料として極めて重
      要な手がかりとなりますが、ヒト由来資料のDNA鑑定法と
      比べて研究開発が殆ど行われていませんでした。今回、
      植物資料のDNAを用いた検査手法開発及び実務応用も行っ
      てきた取り組みについてご講演いただきます。
 ■一般講演
  当学会ホームページの「お知らせ/プログラム」をご参照ください。
 ■ワークショップ
  当学会ホームページの「お知らせ/プログラム」をご参照ください。
 ■理事長講演
  当学会ホームページの「お知らせ/プログラム」をご参照ください。

◆事前参加登録
 当学会のホームページよりお申込み下さい。(受付中)
 URL: http://www.dna-kanteigakkai.or.jp/

 特定非営利活動法人DNA鑑定学会
 〒221-0056 神奈川県横浜市神奈川区金港町5-32 ベイフロント横浜
 E-mail:gakkai-jimu2@jsm.co.jp

───────────────────────────────